本文へ移動

出産育児一時金について

 組合員、または被扶養者が出産したとき、一児につき(42万円)の出産育児一時金が支給されます。
なお、産科医療保障制度対象外となる出産、または産科医療保障制度未加入の医療機関での出産の場合、40万8千円の支給額となります。 

産科医療保障制度・・・分娩に関連して重度脳性麻痺となったお子様が保証を受けられる制度となっております。詳しくは公益財団法人日本医療機能評価機構の産科医療補償制度をご参照下さい。 
※1総所得金額等から基礎控除を差し引いた額のこと。
※2組合員及び被保険者全員が市町村民税非課税のこと。
※3医療費とは保険適用される診療費用の総額(10割)のこと。
※4過去12か月以内に3回以上、上限に達した場合は4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。

70歳から75歳未満の自己負担限度額

所得区分
自己負担限度額
(月額)
外来のみ(個人)
自己負担限度額(月額)
外来+入院(世帯)

現役並み所得
課税所得690万円以上の方
252,600円+(総医療費ー842,000円)×1%
(4回目以降140,100円)※3
課税所得380万円以上の方
167,400円+(総医療費ー558,000円)×1%
(4回目以降93,000円)※3
課税所得145万円以上の方
80,100円+(総医療費ー267,000円)×1%
(4回目以降44,400円)※3
一般
課税所得145万円未満の方※1
18,000円
(年間上限14.4万円)
57,600円
(4回目以降44,400円)※3
低所得Ⅱ
住民税非課税世帯
8,000円
24,600円
低所得Ⅰ
住民税非課税世帯
(所得が一定以下※2)
15,000円
※1世帯収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、「旧ただし所得」の合計額が210万円以下の場合も含みます。
※2年金収入が80万円以下の方
※3過去12か月以内に3回以上、上限に達した場合は4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。
0
3
1
0
6
0
TOPへ戻る