本文へ移動

佐建国保(佐賀県建設国民健康保険組合)

●私たち建設現場で働く労働者・職人は、万が一、病気やケガをした場合、仕事を休まなければなりませんし、収入もなくなります。しかも、高い治療費を払わなければなりません。また、家計にも負担がかかってきます。 組合では、建設職人のための建設国民健康保険組合を運営しています。病気やケガ(労災事故・交通事故を除く)で入院して休んだときには、「傷病手当金」が支給されます。 体が資本の建設労働者の命と暮らしのための、建設国民健康保険組合です。

月額保険料(①+②+③)

①医療保険料(月額)

 ランク
保険料
令和2年3月まで
保険料
令和2年4月から
本人
第1種(事業主)
【建設業の許可業者・労働者雇用事業主・請負業事業主等】
18,100円
18,250円
本人
第2種(一人親方)
【第1種以外の請負・手間請・事業所に雇用されていない一人親方等】
14,100円
14,250円
本人
第3種(40歳以上の雇用労働者)
【常雇用労働者で事業主から雇用証明を受けれる者】
11,600円
11,750円
本人
第4種(40歳未満の雇用労働者)
【常雇用労働者で事業主から雇用証明を受けれる者】
7,600円
7,750円
本人
第5種(25歳未満の雇用労働者)
【新規入職者・徒弟・専従者等】25歳の誕生日の月から第4種になる
6,600円
6,750円
家族
第6種(家族)
【第1~5種に扶養されている者】
 ※家族は建設業に従事していないものに限る。
 2,600円
2,750円
家族
第7種
【第1~5種に扶養されている者で、一定以上の所得がある者】
 ※家族は建設業に従事していないものに限る。
 6,600円
6,750円

②後期高齢者支援保険料

(0歳以上75歳未満) 1人 2,000円(月額) ※令和2年3月まで
(0歳以上75歳未満) 1人 2,150円(月額) ※令和2年4月から

③介護保険料

(40歳以上65歳未満)1人 2,300円(月額) ※令和2年3月まで
(40歳以上65歳未満)1人 2,450円(月額) ※令和2年4月から

給付の内容

傷 病 手 当 金
※入院1日目から最高40日間
   (新規加入後6ケ月以内は、給付されません。)
※同一疾病については、2年間経過していないと支給されません。
※仕事中のケガや交通事故によるものは支給されません。
第1種
1日につき 6,000円
第2種
1日につき 5,000円
第3種
第5種
1日につき 4,500円
出 産 育 児 一 時 金
1児につき
420,000円
葬 祭 費
本人
100,000円
家族
50,000円
高 額 療 養 費
同一病院(入院・外来は別)、同一月にかかった医療費が自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が支給されます。
療 養 費
補装具・はり灸・マッサージ等

保健事業

●特定健診(40歳以上)無料
●人間ドック補助(本人と扶養の配偶者)
 ※かかった費用の半分を補助(上限2万円)
 ※領収書と健診結果の写しが必要
●インフルエンザ予防接種補助(本人と家族)
 ※一人上限2,000円補助
 ※内容のわかる領収書原本
 ※申請は、世帯で年度内1回
●家庭用常備薬の配布
●健康情報冊子の配布等
 
※補助金等の対象者は佐建国保の被保険者に限ります。

法令遵守(コンプライアンス)について

0
1
4
0
0
1
TOPへ戻る